腫瘍(がん)

  1. どうする尿道・膀胱の腫瘍|犬の移行上皮癌と手術

    わんちゃんも長生きするようになり、腫瘍にかかる子が多くなっています。人と同じで、いろんな場所にできます。ほんとどこでもできます。体の表面、肺、肝臓、腸などなど できる場所によってはかなり厄介なのです。特に膀胱や尿道。

  2. 呼吸がくるしい!胸の中のリンパ腫|猫の縦隔型リンパ腫

    猫ちゃんは胸の中にリンパ腫ができる事があります。縦隔型リンパ腫といいます。 呼吸が苦しくなったり食欲がなかったりします。しかもかわいそうな事に、まだ若い2−3歳の猫ちゃんがかかります。

  3. 犬の鼻の腫瘍|がん学会と認定医授与式

    先週の土曜は休診で御迷惑をおかけしました。実は、年に2回行われる獣医がん学会が東京で行われました。それに参加してきました。 今回は「犬の鼻腔内腫瘍」についてでした。鼻腔内腫瘍って?あまりメジャーではないですが、たまに見かけます。

  4. 様子をみるという選択は?|犬の乳腺腫瘍

    芸能人の乳腺腫瘍のニュースを良く耳にします。人では11人に1人がかかるそうです。かなりの確率なんですね。 動物ではどうでしょうか。犬の乳腺腫瘍の発生率は500頭に1頭です。

  5. おしっこしたい!けど出ない|犬の子宮腫瘍

    おしっこに行きたいけど我慢しなければいけない…例えば車の中で、会議中などなどかなり辛いですよね。 もしこれが尿道が塞がっていて、ずっと出ないとなれば相当な辛さです。ゆくゆくは腎臓まで駄目になり、気分も悪くなります。

  6. 年だから手術できません…にはご注意を

    わんちゃんも猫ちゃんも長寿の時代です。中には20歳を超えるようなご長寿の子もいます。人間でいえば100歳近いので、大先輩にあたるの訳ですが、やはり飼い主さんにとってはいつまでも子供です。不思議ですが、わんちゃん猫ちゃんは何歳になっても子供なんですね。

  7. リンパ腫と診断されたら…知っておきたい10の事|犬の多中心型リンパ腫

    わんちゃんの病気は突然やってくる事があります。1ヶ月前までは走り回っていたのに…ということも少なくありません。「リンパ腫」と言う病気も数週間の間に急に進行する事があります。

  8. 腕がブヨブヨしてます、病気でしょうか?|犬の肥満細胞腫

    わんちゃんの皮膚には色々なできものができます。10歳を超えると、1個くらい皮膚にできものが見つかるのではないでしょうか。 「できもの」も良性のものから、悪性のものまで様々です。やっかいな事に見た目では、良性悪性はしっかり区別できない事がほとんどです。

  9. 「抗がん剤は副作用が強いの?」抗がん剤の疑問にお答えします。

    芸能人のがんのニュース多いですね。聞くと胸が痛くなります。自分の飼ってる子が『がん』になったらどうしよう。どなたも一度は不安に思った事があるのではないでしょうか。 がんになると、多くの事を短期間で決めなくてはいけません。手術、放射線、抗がん剤などです。

  10. 急にぐったり、口の粘膜が真っ白、緊急事態です!|脾臓の腫瘍

    動物病院では、緊急で対応が必要な病気から、ゆっくりと進行する病気まで様々です。もちろん命を救うためには、緊急の病気はできるだけ早く対応が必要です。そんな緊急の病気の代表『脾臓の腫瘍』の犬のお話です。 午前の診察も落ち着いた昼前、突然緊急の患者さんは来ました。

最近の投稿

ページ上部へ戻る